パーティーにお呼ばれした時のドレスの着こなし法

パーティードレスの着こなしに関する情報サイト

パーティドレスの始まり

パーティードレスには、Iラインやタイトなどのシルエットの種類というのがあります。 全く知らなかった方のためにシルエットの種類について主にお話したいと思います。 その他にパーティードレスの購入とレンタルの違いについてもお話ししますので読んでみてくださいね。

購入とレンタルどっちがいい?

パーティードレスを購入するかレンタルするか迷いますよね。 思い切って購入しても体型が変わってしまい着れなくなるリスクもあります。 必要な時に借りられるパーティードレスレンタルをしてみたいって方もいるかもしれません。 購入した際の費用とレンタルした際の費用について調べてみました。

シルエットの種類と購入とレンタルの違い

15世紀前から現在のパーティードレスの元となるものは存在していました。
パーティードレスがメジャーになる前は、民族衣装が正装という認識だったようです。
現在では、タイトなドレスなど様々な種類がありますよね。
でも当時は、体のラインを隠すため、大きめの民族衣装が多かったです。
中世ヨーロッパの貴族文化がきっかけでドレスの文化が発展しました。
何故かというと、当時の女性の方々にとっては、パーティードレスが、権力の象徴でした。
まるで競い合っているかのように、ドレスを作っていたので、自然とドレスの文化が発展していったのではないかと言われています。
腰にコルセットを装着し腰を細く見せたり、胸元を強調するようなドレスが作られたのもこの頃です。
当時のドレスは、一人で着脱する事は不可能な作りでした。
しかし時代が進み、フランス革命後になると、技術が進歩し一人で着脱できるドレスがメジャーになっていきました。
このサイトでは、シルエットの種類や購入したパーティードレスとレンタルしたパーティードレスの違いについてお話したいと思います。
その他に費用相場やパーティに行く際の着こなし方などについても説明しますので参考にしてみてくださいね。
パーティードレスについて初歩的な内容が多いので、全く知識がない方向けかもしれません。
すでにパーティードレスに関して詳しい方も改めて確認するつもりで読んでもらえたらと思います。
男性の方も雑誌を読む感覚で気軽に読んでみてくださいね。

おすすめドレスと着こなし方はこれ

どのシルエットのパーティードレスを、着たら良いか分からないよって方が結構多いと思います。 今回は、パーティーに行く時の着こなし方について、主に説明しますので覚えておきましょう。 シルエットごとに、どんな方におすすめのパーティードレスかについても紹介します。

TOPへ戻る